NHKあさイチで紹介された白菜漬を活用した「白菜漬餃子」レシピです。ジューシーな白菜漬けギョーザをぜひお試しください。
白菜漬 アレンジ餃子

宇都宮餃子®に匹敵!ジューシー!ギョーザ!家庭でカンタン白菜漬餃子

白菜漬 アレンジレシピ 餃子
通常餃子をつくるときは、生の白菜を使用することから、白菜を塩もみし、水分をしぼる必要があります。この「白菜漬餃子」レシピなら、浅漬けを使うことで塩もみは一切不要になるので、カンタンな工程で餃子をつくることができます。また、白菜漬に含まれるうま味や醸造酢、適度な塩味の漬け汁が、餃子のたね全体の味をまとめてくれるので、漬け汁の美味しさ広がるジューシーな餃子に仕上がります。浅漬けなので白菜漬のシャキシャキとした食感が楽しめることも、この「白菜漬餃子」の特徴です。さらに、漬け汁をお酢に見立て、しょうゆやラー油を加えれば、特製餃子のタレに!白菜漬を無駄なく全部使い切れる、時短、手間なし、簡単なのに、家族みんなが喜ぶ、たまらない美味しさの「白菜漬餃子」を、ぜひお試しください。

「白菜漬餃子」材料・分量(25個分)
白菜漬 250g
豚ひき肉 140g
白菜漬の漬け汁 大さじ2
ニラ 40g
餃子の皮 25枚
260~300㏄
(餃子12~13個に対して130~150㏄)
ごま油 大さじ1~2
【餃子のタレ】
  白菜漬の漬け汁 大さじ1
  しょうゆ 大さじ1/2
  ラー油 お好み
「白菜漬餃子」作り方

①白菜漬を芯部分もまるごと8ミリ角くらいにみじん切りにして、軽く絞る(約200g程度になる)。
②ボウルに、ひき肉、白菜漬の漬け汁を混ぜ合わせ、よくこね、①を入れる。
③細かく刻んだニラを②に加えよく混ぜ合わせれば、たねの出来上がり。
④餃子の皮で包む(25個)。
⑤フライパンに餃子を並べる(1回で焼くのは12~13個程度)。
⑥強火で加熱し、餃子を返して焼き面が白く変化したことを確認したら、水を入れる。
⑦強火のままフタをして一気に蒸し焼きにする(約3分半~4分)。
⑧フタを取り、水気が残っていたら中火にし、そのまま加熱して水気を飛ばす。
⑨ごま油を回しかけ、強火にし、お好きな焼き色になったら完成。
⑩白菜漬の漬け汁を酢に見立てて、しょうゆ、お好みでラー油を加えた、漬け汁を活用した“特製餃子のタレ”でお召し上がりください。

NHKあさイチで紹介!白菜漬けギョーザの作り方動画
宇都宮餃子会®事務局長お墨付き!
協同組合宇都宮餃子会事務局長 鈴木 章弘さん

宇都宮餃子会 鈴木様
浅漬けを使えば、ご家庭でジューシーな餃子を手作りできます!

浅漬けは、すでに脱水が済んでいて、野菜の中に美味しさがしっかり閉じ込められていますので、餃子作りには適していると思います。餃子に浅漬けを使うということで、宇都宮餃子®に匹敵するほどの、店主も驚く美味しさに仕上げることが可能です!

名店36店舗から宇都宮餃子®をお取り寄せ

「白菜漬」商品情報

白菜漬 商品情報はこちら