茨城県:吉田安さん、吉田英一さん

企画広報室:このかぶの品種と特徴を教えてください。

吉田さん:私たちがつくっているのは「ゆきわらし」という品種のかぶです。とにかくやわらかく、生で食べるとフルーツのような甘さと食感が特徴です。この「ゆきわらし」は市場に出回ることは少ないのですが、野菜の新鮮さと味をダイレクトに楽しめる浅漬けにぴったりの品種と言えると思います。

企画広報室:かぶが美味しい季節はいつですか?

吉田さん:やはり「冬」です。1年で一番今が美味しい季節です。

企画広報室:今年のかぶの出来はいかがですか?

吉田さん:今年は暖かい気候が続いているため、育ちが良く、美味しいかぶとなりました。ここ20年で一番と言えるくらいの出来だと思います。

企画広報室:かぶ栽培のポイントを教えてください。

吉田さん:私たちの畑では農薬を使わず土壌にマルチ(ビニール)を直接かけて太陽の熱で雑草を駆除し病原となる菌を退治する「太陽熱土壌消毒」を行っています。また、毎年同じ場所で同じ野菜を栽培しない「輪作体系」を取り入れています。

企画広報室:消費者の皆様へ最後に一言お願いします。
吉田さん:このかぶはとっても甘くておいしいので、多くの方に食べていただきたいです。

 

 

 

「かぶ」を使用している商品

かぶ漬
プチカップかぶ漬
プチカップかぶきゅうり